いちざわの歴史とコンセプト

いちざわの創る“しんなり鞄”(かばん&バッグ)

長年シルク素材に携わってきたノウハウを基に、日本の伝統色をアレンジし、現代のファッションと調和の取れた色使いにこだわったカラーバリエーションです。

決して流行だけに左右されない、落ち着きのあるシンプル&モダンなデザインを追及しています。
お洒落な大人がオン・オフに合わせて持てる、シンプルでありながら、デザイン、クオリティーにこだわった物創り。

しんなり鞄(かばん&バッグ)

いちざわの歴史

染織した絹糸(シルク)」

1789年(天明九年)京都市上京区仁和寺街道御前にて法衣関係の京都西陣織物製造業として初代、澤屋喜兵衛が創業。

以来、丸巻屋(呉服屋)、原糸商、無地織物製造業として時代の流れと共に形態は変化しつつ、京都西陣織物に携わり、
現在は、正絹袋帯、引箔帯、無地織物等の製造販売を手がけております。

 

新しく鞄製造に踏み出したのは、
2006年に京都北山のとあるカミチェリーアから、京都の絹織物を用いた鞄の製作依頼を受け、
第1弾の製品を販売したところ、一部の顧客から好評をいただきました。
その後、新たなモデルの要望を受け、本格的に鞄製作を手掛け始める。

page top

厳選された素材「生糸(絹糸)」

絹糸(シルク)の製織している模様

縦糸に厳選された生糸(絹糸)を約5,000本〜約6,000本(幅約32cm間に)使用し、緯糸(横糸)にも生糸或いはペニンスラブ(紬糸)を用い、錦地(綾織物)を中心に職人の豊富な経験と技術を活かし、鞄生地専用に製織しております。
又、染色においても伝統の先染め、或いは着物生地を染色する時の引き染め等を用いております。

シルクは最高級の天然繊維と言われており、比重が大変軽いのも特徴です。
また、大変デリケートな素材でもありますので、少しでも絹織物の風合いを保つために、「撥水加工」「防汚加工」等を施しております。

 

絹糸(シルク)の製織する道具

大きく分けて2種類のオリジナル生地を製織しております。
1つは、紬糸(ペニンスラブ)を使用し、ざっくりとした風合いを持つTUMUGIシリーズ。
2つ目は、今から60余年前、祖父が京都で落下傘(パラシュート)工場を営んでいたことに着目し、当時の落下傘はシルク製であったことをヒントに、縦糸、横糸ともに生糸を使用し、比重の軽い美しい光沢のあるRAKKASANシリーズです。

page top

こだわりのデザイン

“しんなり鞄”(かばん&バッグ)デザイン図

あくまでシンプルに。TUMUGI、RAKKASANシリーズ共に現在は無地だけの展開ですが、今後ジャガード織の柄物も計画中です。

製作においては、メイド・イン・ジャパンにこだわり、京都および近隣府県の熟練職人に委託しております。
また、石油製品素材を極力排除しレザー部は鞄の表情に合わせて数種類の革を使い分け、エコに配慮したタンニン鞣のレザーも使用しております。

page top

日本の伝統色を活かす

日本の伝統色で染め上げた絹(シルク)生地

日本には古来より伝わる日本独自の色表現があります。
それは伝統や文化、歴史に育まれ、なんとも優しく落ち着き、そして優美さを感じさせます。

和で培ってきた数百色の中から厳選した色をモダナイズしました。
実際に手にとってご覧頂きたいカラーバリエーションです。

page top

しんなり鞄(かばん&バッグ)・帯地織物の製造・販売「いちざわ」新着情報

10.06.16

Gallery "G-SHOP"をオープン
直接コレクションに触れていただけるスペースを1Fに開設いたしました。
シルク素材の西陣織物の独特の風合いや染色によるモダナイズされた発色をお楽しみいただけると存じます。

10.04.19

シグネチャ・モデルの復活!
ご好評いただきSOLD OUTだったワンハンドルバッグ(セカンドバッグ)をバージョンアップし、リニューアルいたしました。
生地も従来のシンプルな無地に加え、ジャガード織のチェック柄や和柄も追加いたしました。
  • 弁慶格子/葡萄色(ボルドー):日本の伝統的な黒墨色に仏蘭西の香りボルドー薫る紫を織り込みました。
  • 弁慶格子/黒茶(ダークブラウン)一見2色に見えますが、5色を用いて織り込んでいます。
  • 白練:バージョンⅠの底角に革をあて、より堅牢に。ベージュのパイピングを(ピッグスウェード)チョコレート色に。
  • 黒:引染めで深みのある黒に。オーソドックスなバッグです。
  • 紗綾型(さやがた)・竹垣(たけがき):日本の伝統的な紋意匠を織り込みました。約3cmの間に約80越を織り込む緻密な織物です。お着物にも最適です。
  • 棒縞/青白(マリンストライプ):大変貴重な直径1mmのシルクモールを用いて織り込みました。

10.03.12

ニューアイテム「キーリング」登場
ワンポイントアクセントにぴったりなカラフルなキーリング 8色をご用意いたしました。

10.03.10

バケットショルダーバッグに春の新色をリリース
バケットショルダーバッグに春の新色「茜(あかね)」「萌黄(もえぎ)」「砥茶(とのちゃ)」の3色が追加になりました。

09.11.30

バケットショルダーバッグ初の和柄をリリース
今まで無地だけだったバケットショルダーバッグに新しく和柄「千鳥格子」を追加いたしました。

09.10.26

ノートルダム学院小学校オリジナルバッグを制作及び販売いたしました。
ノートルダム学院小学校開催の学院祭バザーにて、制服をイメージし、千鳥格子をジャガードで織り上げた校章入りの限定バッグを制作&販売をいたしました。

09.06.04

しんなり鞄のカラーバリエーション画像をアップしました。
雰囲気だけでも伝わるように、しんなり鞄の各色の画像をご用意いたしました。
各カラー見本をクリックしていただくと見られます。

09.05.18

千鳥格子のジャガード織「ショルダーバッグ」をリリース
今まで無地のみの展開だった「いちざわの“しんなり鞄”」初の和柄 千鳥格子のジャガード織「ショルダーバッグ」を発表いたしました。